《性質と使用方法》

1.自然にやさしいアイスメルター

   冬季、道路の凍結防止は交通安全の要です。

   薬剤散布は凍結防止の有効な手段ですが、薬剤に起因するサビの発生・腐食の増進に

  よって、自動車・ガードレール・信号・橋梁・通風機・建築物などの主要設備の損傷を起こす

  だけでなく、周辺土壌の変化・田畑・果樹・樹木・湖沼への影響は無視できません。

         アイスメルターは、これらの弊害の少ない凍結防止剤です。


2.冬季の道路状況         車

   冬季、気温の低下に伴って路面温度は低下し、通常0℃以下で湿潤路面は凍結が始まります。

  しかし路面温度は気温だけではなく、日中の日差し・風の強弱・冷気の貯留・放射冷却などの影

  響を受け、中でも放射冷却が路面温度低下の主要因と考えられます。

   一般に、最低気温が−20℃程度となっても、最低路面温度は―8℃程度以下となる場合は非

  常に少ないと言われています。


   凍結路面のすべり摩擦抵抗は、0℃〜−3℃で極めて小となり、すべり易い状態となります。

   一般に、0℃〜−5℃で凍結防止剤が有効であり、それ以下ではすべり摩擦抵抗はやや大とな

  り、また圧雪状態では更に抵抗が大となってすべり難くなります。


3.アイスメルターの性質

  主 成 分 尿素 ( (NH2) 2 CO ) 分子量: 60  
  比    熱 0.32cal/g、 ℃  
  溶 解 熱 55.8cal/g (吸熱)  
  氷 晶 点 ―12℃ (32%濃度)  
  水・溶解度 0℃:40.0%、  10℃:45.7%  20℃:51.8%

      アイスメルターの濃度と凍結温度との関係を図に示します。

      図より、路面温度−5℃の時、路面アイスメルター残留濃度10〜20%の維持が必要です。

      更に、高濃度で路面温度−12℃以上で効果があります。

   


4.アイスメルターの使用方法

    既存の凍結防止剤 (塩化ナトリウム、塩化カルシウム等) の使用方法と変わりありません。

  

5.他の凍結防止剤との比較

  他の凍結防止剤との比較

 
 
戻る次のページ